1. >>
  2. >>
  3. 表情がのんびり ウーパールーパー

表情がのんびり ウーパールーパー

絶滅危惧種・ウーパールーパー

面白いペットを飼いたいな。と思っていたところ、ウーパールーパーに出会いました。
自宅の近くのペットショップへ足を運んだのですが、
その際に水槽の中を泳いでいる、ウーパールーパーを見て、なんだか面白いペットだな。と思ったんです。

ウーパールーパーに飼育について、話をしていきたいと思います。

まず、ウーパールーパーですが、絶滅危惧種です。
日本国内で飼うことが出来るのですが、日本国内で販売されているウーパールーパーは、
日本国内で繁殖をしたものだけとのことなんです。

絶滅危惧種ということを聞いて、ウーパールーパーを飼うのであれば、
長生きさせなくちゃいけないな。と、実感をしました。

長生きをしてもらうために、住みやすい環境を整えてあげましょう。

環境づくり

ウーパールーパーを飼うためには、水槽が必要です。
そして、水槽の設備を整えてあげることが大切なのです。

ウーパールーパーは大人になると、25センチほどに成長をします。
そのため、25センチほどの体が十分入る大きさの、水槽を用意してあげることが必要です。
30センチから45センチほどの大きさの、水槽を用意してあげるのがベストだと思います。
小さいと感じたら、大きい水槽に買い換えてあげる。というのも良いですね。

何を好むのか?

ウーパールーパーのえさについて話をしていきます。
ウーパールーパーですが、好みのえさを見つける。ということが必要です。
このえさは食べるかな?というように試してみて、問題なく食べているようであれば、続けるというのが良いでしょう。
逆に、あまり食べないという場合には、別のえさを与えるようにしてあげてください。

そして、ウーパールーパーですが、えさの大きさにも注意が必要です。
お水と一緒にえさを飲みこみます。そのため、口よりも少し小さめのサイズのえさを与えてあげる方が、
ウーパールーパーが食べやすいと思います。

えさをあげるペースについてですが、
ウーパールーパーの様子を見て、えさをあげるようにしましょう。
1日1回あげていて、ウーパールーパーがあまりえさを食べないようであれば、
2日に1回や、3日に1回にすると良いでしょう。
ただ、1日に何回もえさをあげるとか、3日を超えてえさをあげないというのは、
太ってしまったり、成長をしないなどの、悪影響が出てきます。
様子を見てペースを決めていけばいいと思いますが、適度にえさをあげるように注意をしましょう。

ウーパールーパーのえさですが、いろいろなタイプのえさが購入できるようになっています。
私がおすすめなのは、タブレットのタイプのえさです。
いろいろなウーパールーパーがいるので、一体どんなえさが好みなのか?
分からなくなってしまうという点がありますが、タブレットタイプであれば、
どのウーパールーパーも好んで食べてくれることが多いんです。

そのため、はじめにえさを飼う時に、タブレットタイプのえさを飼う。ということもおすすめですよ。
可愛いウーパールーパーを大事に育てたいですね。